★多田ユウコ写真事務所  http://www.tada-you.com/ 建築写真 竣工写真 店舗撮影 HP用撮影等  大阪を拠点に活動しています。全国出張撮影可能です。
Page: 1/3   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
★個展のお知らせ★ 多田ユウコ 展【 空の結び目  地のほつれ 】


この度下記の内容にて、個展を開催させて頂く事となりました。
東京での個展は今回が初めてで、多少の不安もありますが、
より多くの方々に見て頂ければと思います。

会期も11月末から年末までの長期開催となりますので、
お近くにお越しの際は、是非ギャラリーにお立ち寄り頂ければと思います。






多田ユウコ 展 【 空の結び目  地のほつれ 】


POETIC SCAPEでは2013年11月23日(土)より
多田ユウコ 展『空の結び目 地のほつれ』を開催致します。


多田ユウコは日本的な空間概念である「間」をテーマに創作活動を行ってきました。
今回の展示では日本だけでなく、海外で撮影された作品も織り交ぜ、
多田のユニークな視点の在処を探ります。


なお、今回はThe Third Gallery Aya(大坂)の協力を得ての開催となります。
ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。


会期: 2013年11月23日(土)〜12月29日(日)
木〜日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊


会場:POETIC SCAPE  目黒区中目黒4-4-10 1F
営業時間:木〜日 13:00-19:00
     水のみ 16:00-22:00
休廊日:月・火
メール:front-desk@poetic-scape.com
電話:03-6479-6927
WEB:http://www.poetic-scape.com


▶オープニング レセプション
11月23日(土)18:00-20:00

▶クロストーク:小林美香(東京国立近代美術館客員研究員)×多田ユウコ
2013年12月14日(土)14:00-15:30
要予約、定員15名
参加費:1000円(1ドリンク付)


クロストークのお申込はメール( front-desk@poetic-scape.com)にて
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。


多田ユウコ(Yuko Tada)
大阪芸術大学美術学科卒業。
主な個展に、2010年「山遊鹿々人々図」、2012年「やたらびゃうしにのべびゃうし」
(共にThe Third Gallery Aya/大坂)など。現在関西を拠点に作品を発表している。
2007年にMio写真奨励賞10周年記念作品賞、
2008年に第9回上野彦馬賞 日本写真芸術学会奨励賞を受賞。

協力:The Third Gallery Aya


ACCESS

<中目黒駅から徒歩11分>
中目黒駅正面出口改札を出て右折し、山手通りを直進。
スペイン料理店の角を右折し再び直進。
つきあたりを右折し3軒目。

*住宅街の中を通るルートもあります。
(中目黒駅南出口から徒歩11分)
途中の八幡神社付近が迷いやすいのでご注意下さい。
<渋谷駅からバス20分>
東急バス渋41系統中目黒駅・大鳥神社経由に乗り
目黒警察署前で下車。
信号を渡りスペイン料理店の角を入って直進。
つきあたりを右折し3軒目。



¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

文:POETIC SCAPE HPより引用



★Facebookイベントページでは、在廊情報、会場の様子など
詳しく更新して行きますのでお気軽にフォローして下さい。↓

https://www.facebook.com/#!/events/690421274311187/?ref_dashboard_filter=calendar&source=1





| 多田ユウコ | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
★展覧会告知、3月は3つ参加します。



久々のブログ更新です。 

やや強い風の音が春を運んでくるように聞こえています。
3月は3つの展覧会に参加しますので、開期順に下記にご報告させて頂きます。



第2回 FOR YOUR SMILE 311

すべての出展作品が購入可能です。
私は小作品を1点、寄贈いたします。

売上金は「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」へ全額寄付されます。
どの作品もチャリティ価格で購入しやすい金額設定になっていますので、
皆様も是非会場にお越し頂き、企画に参加ご協力をお願いします。







FOR YOUR SMILE 311

<開催場所>  阪急うめだ本店 9階 祝祭広場 

                   http://www.hankyu-dept.co.jp/


<日程>    2013年3月6日(水)〜3月12日(火)


<募金先>   あしなが育英会 「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」


<収益>    収益の全額を寄付 (写真販売による売上金および募金箱への寄付など)

2011年3月11日、私たちが想像をもしなかった未曾有の震災が東北・東日本を襲いました。

1年9ヶ月がすぎた今もなお、その傷跡は消えていません。

私たちはまだ忘れてはならないのです。いまだ苦しんでいる方が大勢おられる事を。

この企画は昨年の夏、関西から写真を通して少しでも力になりたいという想いを基に

写真を生業としているもの同士が手を結び、輪を広げたいと企画しました。
(※以上、
FOR YOUR SMILE 311公式HPより引用)


----------------------------------------------------------------------------------------------



★お相撲展 大阪場所2013 

未発表組写真で5点出展します。
様々な分野で活躍中のアーティスト達が出展しています。
個人的にとても楽しみな展覧会です^^
お食事しながら、お茶しながらご覧頂けますよ。




お相撲展 大阪場所2013 2013年3月8日(金)〜3月24日(日.千秋楽)

2011春に開催し、好評を博した「お相撲展 大阪場所」を再び大相撲大阪場所に合わせて開催致します。

大相撲には迫力のある取り組みはもちろんのこと、神事に由来する所作の潔さ、日本の伝統工芸によって支えられる化粧まわしや行司の装束といった美しい品々など見どころが実にたくさんあります。「日の本を 踏みかたむるは 相撲かな」と明治の文士 江見水蔭に詠まれているように大相撲はまさに国技という名にふさわしい競技です。アートを通して、すべての子どもたち 大人たちに新しい相撲の見方を提供し身近なようで実はよく知らない世界の発見につながるようなそして これまで「お相撲」に触れる機会があまりなかった人も興味がわくようなそんな展示をめざしています。
(3月10日(日)〜3月24日(日)で大相撲大阪場所が開催されます。)

(※以上、digmeoutART&DIENR 公式ブログより引用)


<期   間>   2013年3月8日(金)〜3月24日(日.千秋楽)
<営業時間>月〜木11:30~24:00 、金土 11:30~26:30、日 11:30~24:00
<場   所>digmeoutART&DIENR 大阪市中央区西心斎橋2−9−32−B1
<お問い合わせ> 電話 06ー6213−1007(ディグミーアウトアートアンドダイナー)
<メ ー ル > 
cafe@digmeout.net

トークイベント お相撲展 大阪場所トークセッション 2013 
日 程: 3月17日(日)
時 間: 19:00開場 19:30開演  
入場料: 1000円(ドリンク代500円別途)
出 演: 安斎肇、能町みね子、藤本和剛(Meets Regional副編集長)、浦風親方 andmore

お相撲展参加作家
安斎肇(東京都)、生駒さちこ(兵庫県)、大庭万奈 (京都府)、岡村優太(大阪府)、木野下円(大阪府)、ケント・マエダヴィッチ (兵庫県)、佐々木知子(愛媛県)、多田ユウコ(大阪府)、danny(岡山県)、CHO-CHAN(大阪府)、NekoshowguN(和歌山県)、能町みね子(北海道)、渡部麻由美(愛媛県) 
(あいうえお順)


-------------------------------------------------------------------



★ Month of Photography.

コロラド州デンバーで開催の「デンバー写真月間」に参加させて頂きます。
街中が写真にあふれる写真のお祭りです。
その中の会場Buell Theater にてEye of the Stormに出展致します。
会期中は私も渡米し、見聞を広げて来たいと思います。
 



MoP - Month of Photography Denver is a celebration of fine art photography with hundreds of collaborative public events throughout Denver and the region March and April 2013. We are joining multiple museums galleries and schools surrounding fine art photography creating an exciting artistic and educational event for the city of Denver and the region.


EXHIBITION OPENING
Buell Theater
Wednesday, March 27th, 5-7pm p.m.
Includes a performance by Ballet Nouveau
http://bncdance.com/company

ARTIST LECTURES
McNichols Building 3rd fl. 14th and Colfax
Thursday, March 28th, 6 - 9pm
http://artsandvenuesdenver.com/venues/mcnichols-civic-center-building

COMMUNITY WORKSHOPS
Friday and Saturday, March 29th and 30th
In collaboration with the Colorado Photographic Arts Center
Times TBD 


Buell Theater in Denver Arts Complex
Eye of the Storm

 Curated by Rori Knudtson 


"Eye of the Storm" offers a view of work by photographers from Japan and Norway dealing with identity, resiliency and the landscape. This is most relevant in the wake of national catastrophes of unsurmountable precedence in two small sea-faring nations who share similarities in their historic industrial and architectural vernaculars. These tragic events also find a most relevant conversation in Colorado as the location last summer of both forest fires of unprecedented distance and range and the Aurora theater shootings.

Each photographer, has found a method to deliver a poetic framing of context and the connection to a bodily point of reference. Their images bring us into place and in turn, help us to see just how similar, despite our vast geographical distances, we are to one another in endeavoring to understand the 21st Century world we have inherited.

It is in the calm of the eye, and in the framing of the photograph, that we begin to make sense of where we are, and with this, a hope for a place to arrive once the storm subsides.

Heidi Nikolaisen (1973) Bergen
http://www.heidinikolaisen.net

Maya Økland (1980) Bergen
http://www.mokland.no

Vilde Salhus Røed (1981) Bergen
http://www.vildesr.no

Yuko Tada (1974) Osaka
http://www.tada-you.com

Hirohito Nomoto (1971) Osaka 
http://hirohitonomoto.com

Hiroshi Yamauchi (1974) Osaka
http://www.wow-photo.jp










 
| 多田ユウコ | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
★ART OSAKA 2012★ サードギャラリーAya 6127号室
 
この度、ART OSAKA 2012にサードギャラリーAyaのブースより写真作品を出展致します。

前回サードギャラリーAyaでの個展で展示しました「やたらびゃうしにのべびゃうし」の
シリーズの中から「空の
結び目」に新たに未発表作を加えて12点を出展致します








★ART OSAKA 2012★

・開催日時  
2012年7月6日(金) - 8日(日)  ※6日はプレス・招待者のみ

・プレビュー  
2012年7月6日(金) 14:00 - 19:00  (プレス・招待者のみ)


・一般公開
2012年7月7日(土) 11:00 - 18:00
2012年7月8日(日) 11:00 - 19:00
※ご入場はフェア終了の1時間前迄。

¥1,500.- / 1 day pass
※チケットはホテル26階、フェア受付にてお買い求め下さい


・ナイトビューイング
2012年7月7日(土) 19:00 - 21:00 (招待者無料 一般入場者有料 )
※招待券をお持ちのお客様を対象に、土曜日の夜にも
ゆっ
たりとご覧頂ける時間帯をご用意しています。
一般のお客様は¥2000.- (ウェルカムドリンク付)にてご入場頂けます。

★ART OSAKA 2012について

ART OSAKA 2012 は、老舗から若手まで、現代美術をプライマリーに扱うギャラリー約50件が、質にこだわった作品を紹介するホテル型アートフェアです。

10回目を迎える今年は、関西、名古屋、東京のギャラリーだけでなく、
金沢・岐阜・北海道と地方を代表するギャ
ラリーが新たに参加。
海外からも、台湾、韓国、中国のギ
ャラリーが出展し、
ますます多様性を帯びたラインナップ

特別展として、今世界的に注目を集める具体美術やもの派にフォーカスした
「日本の現代美術の巨匠たち '60-'70s」展の開催や、
美術専門家によるトーク
イベント、その他豊富なサテライトイベントが同時開催されます。

社会的、文化的意識の高い人々の間で、「精神的な豊かさを求めて」「作家の支援」等々、
それぞれの身近な感覚で
「アートを買う」ライフスタイルが広がってきている近年
私たちは、より多くの人々に、現代アートの魅力を伝え
たいと願っています。

ART OSAKA 2012は、新進気鋭の若手作家から、堅実な評価を得ている作家まで、
良質な作品が一堂に揃うユニークな機会で
す。是非ご来場頂き、
驚きと発見の溢れる現代アートの魅
力をご堪能ください。





(以上、ART OOSAKA 2012 HPより引用)


ART OSAKA 2012 公式HP http://www.artosaka.jp/



 

----------------------------------------------------------------------------------------


ひとこと

ART OOSAKA 2012にはたくさんのギャラリーから
個性豊かなアーテ
ィストが多数出展しています。
そしてすべての展示作品がご購入可能です。
高価な作品ばかりではないので、お気軽に楽しんでいただけるかと思います。

会期中私は6127号室にて対応しております。
是非お誘い合わせの上、ご来場お待ちしております。


多田ユウコ













| 多田ユウコ | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
★イーマで写真作品の展示とTシャツ販売のお知らせ


 大阪のファッション複合ビル、イーマが10周年を記念して下記の内容でイベントを開催します。
私は「アートTシャツ展」の出展の他、エントランスロビーにて、写真作品「山遊鹿々人々図」の
シリーズより10点を展示させて頂くこととなりました。

 入場無料となっております、会期中の様々なイベントと併せてご覧頂けましたら幸いです。




★E-ma10th Anniversary Special Event.
    420日(金)〜513日(日)

『アートTシャツ展』   イーマ1F 多目的ギャラリースペース ディーバ

参加アーティスト

市/乾慎一郎/HR-FM/榎田良子/遠藤慎也/川元梨恵/潤inoue. /高村総二郎/武田双雲/多田ユウコ/谷口智則/chiaki kohara/豊田弘治/林勇気/H@L/ポクポク山の音楽隊+coen°/bongmic/村田桃香/momo irone/安田清志/山崎ひかり/Ross Siu/映画『放課後ミッドナイターズ』


チャリティー販売 全日程11:0021:00

実施場所:イーマ1F 多目的ギャラリースペース ディーバ

421日(土)・422日(日)・428日(土)・429日(日)・430日(月)

53日(木)・54日(金)・55日(土)・56日(日)

※販売の収益金は、東日本大震災の被災児童などの”心”をケアする
『日本プレイセラピー協会』へ寄
付いたします。

※限定数でのご提供につき、完売に伴い販売を早期に終了する場合がございます。


★販売金額:3,000円(税込)


■販売数量:各作品20枚程度


ライブペイント
(ライブペイント終了後には、サイン会も開催予定となっております。)

実施場所:1F 南エントランスアトリウム

421() 12:0014:00 谷口智則/14:0016:00 chiaki kohara

422() 14:0016:00 市

428() 11:3013:30 H@L14:0016:00 山崎ひかり

429() 11:3013:30 H@L14:0016:00 山崎ひかり

430() 14:0016:00 bong

53()   14:0016:00 乾慎一郎      

54()   14:0016:00 安田清志

56()   14:0016:00 遠藤慎也


写真展

実施場所:1F 南エントランスアトリウム

420()513() 多田ユウコ ※会期中入場無料

 


▼詳細は、イーマ公式HPFacebookページをご覧ください


【イーマ公式HPhttp://www.e-ma-bldg.com


【イーマ公式Facebookページ】

  http://www.facebook.com/pages/E-ma-%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%9E/259148860771757?sk=app





 

| 多田ユウコ | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
★81LAB. Magazine 創刊6周年グループ展のお知らせ



この度81LAB. Magazineの6周年展に参加することとなりましたのでご報告いたします。

81LAB. Magazineは写真家の自由な発想で表現された
写真
を掲載しているフリーのフォトマガジンです。
年4回発行
の季刊誌で、全国的...に配布、定期購読の配布も行っています。

1年ごとにはアセンスギャラリーにて周年記念展を開催しており、
今回は個性豊かなメンバーとゲストを招いて、各自自由なテーマでの展示となります。


また、3月3日に出展メンバーによるスペシャルトークイベントを開催します。

是非、お誘い併せの上、皆様の御来場お待ちしております



81LAB. Magazine 公式サイト→ http://www.81lab.com/



81LAB. Magazine

6th Annual Group Exhibition




◆展示概要◆

【会期】 2012年2月26日(日)〜2012年3月11日(日
) 会期中無休

【時間】 午前10時 〜 午後7時

【入場料】 無料

【会場】 大阪市中央区心斎橋筋1丁目6番10号
心斎橋アセンス 美術ギャラリー 5階

【問合せ】Photography Magazine 81lab.
Tel : 03-3724-0991 
E-mail : gallery@81lab.com (担当:中川)


出展作家は、

ノモト ヒロヒト
中川 裕司
成田 貴亨
山内 浩
横山 隆平
内倉 真一郎
多田 ユウコ



◆スペシャルトークイベント◆

【会期】 2012年3月3日(土)

【時間】 午後3時より

【入場料】 無料

【会場】大阪市中央区心斎橋筋1丁目6番10号
心斎橋アセンス 美術ギャラリー 5階

【問合せ】Photography Magazine 81lab.
Tel : 03-3724-0991 
E-mail : gallery@81lab.com (担当:中川)




| 多田ユウコ | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
★電子書籍写真集出版のお知らせ★



2007年度より撮り続けているシリーズ「山遊鹿々人々図」が
この度電子書籍写真集として出版されました。

まだまだ日本では馴染みの少ない電子書籍ですが、
電子書籍は世界配信、より多くの方々に見て頂く機会となれば幸いです。

全28ページ、ipadやsmart phoneにダウンロード頂けます。












★山遊鹿々人々図(さんゆうしかじかひとびとず)

2007年 MIO写真奨励賞 10周年記念作品賞受賞


観光客と半野生の鹿達が、共に心地よい距離を保ちながら行き交う奈良の若草山。
古都奈良の風景と、観光を楽しむリラックスした人々、
少しの警戒心を持ちつつも、愛嬌たっぷりの鹿達。

それら様々な要素が渾然一体となり、
素敵な関係を築いているように感じました。

空は近く、鹿の時間がゆっくり流れ、
そこにはある種のユートピアがありました。





◇amazonよりご購入頂けます。◇

Strolling in between: Deer and people on Wakakusayama hill. (JPP) [Kindle Edition]









 

| 多田ユウコ | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
★個展のお礼と会場風景★




1月24日から開催しておりました個展、
「やたらびゃうしに のべびゃうし」は28日に無事終了致しました。

短い期間ではありましたが、延べ300人程のご来場を頂きました。
寒さ厳しい折ではありましたが、
足をお運び下さいました皆様に心からお礼申し上げます。

たくさんの方々に、作品を見て頂きご感想頂いて、
今後の方向性も少し見えてきたようにも感じています。

これからも写真活動に力を注いで参りたいと思いますので
どうぞ温かく見守って下さいますよう、宜しくお願いします。

















会場の動画をfacebookにUpしています。
宜しければこちらよりご覧下さい。
 ↓
http://www.facebook.com/video/video.php?v=240911649319984





| 多田ユウコ | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
★個展開催のお知らせ 多田ユウコ写真展 「やたらびゃうしに のべびゃうし」

新年、あけましておめでとうございます。

年明け早々ではありますが、下記の内容にて個展を行うこととなりましたので
ご案内させて頂きます。


私はこれまで、日本独特の感覚である「間」に着目し、写真作品を発表してきました。
今回は、これまで撮り溜めてきたもの大小十数点を展示する予定です。






☆場所:The Third Gallery Aya

☆会期:2012年1月24日(火)ー1月28日(土)

火曜ー金曜 12:00-19:00  土曜 12:00-19:00


The Third Gallery Aya HPへ


大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F
アクセス:地下鉄四つ橋線 肥後橋より徒歩2分、または地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅より徒歩5分

google map


〜展覧会会期中のイベント〜

★27日(金)ギャラリートーク 19:30〜

東京国立近代美術館客員研究員の小林美香さんをお迎えし、対談形式でのギャラリートークを開催致します。

27日 19:30〜21:00 
お一人様 800円 (1ドリンク付き)
※定員25名です

ご予約はサードギャラリーまで宜しくお願いします。
mail: ayay@osk.3web.ne.jp
tel : 06-6445-3557



★28日(土) 「January Party」17:00-19:00

「January Party」のお知らせ
1月28日(土)は17:00-19:00にギャラリーがはいっております若狭ビル全体と山登寿ビルでの合同パーティ「January Party」を開催致します。
若狭ビルでは2FのThe Third Gallery Aya,3FのYoshimi Arts、4FのSAI Gallery, 5FのCalo、そして山登寿のビルのKoichi Fine Artsの5軒によるパーティとなる予定です。





会期中はなるべく在廊し、作品についてお話させて頂きますので、皆様お誘い併せの上御来場お待ちしております。
また、twitterやfacebookでも展覧会の様子などUPして行きます。
宜しければ下記のリンクよりご覧下さい。
宜しくお願いします!

twitter→https://twitter.com/#!/tada_you
facebook→http://www.facebook.com/profile.php?id=100002034520341
facebook 個展のイベントページ→http://www.facebook.com/events/202988483127406/











| 多田ユウコ | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
★建築写真短期講座のご案内
 
逆瀬川にある宝塚メディア図書館内、写真表現大学にて建築写真の短期講座を担当する事となりました。
当初はプロカメラマンコースのみの受講が対象でしたが、一般からの参加も広く受け付ける事となりました。

カメラマン志望の方だけでなく、美しく建築写真を残したい方々に参加して頂ければと思います。


授業内容を下記に記します。
(※写真表現大学HPより転用)



◆講座概要
建築写真を撮るための基礎知識を身につける。
実際に建築物を撮り、
より正しく美しく伝える為の補正をフォトショップで仕上げる過程を学ぶ。

◆目標
建築の魅力を理解し、より魅力的に表現する。

◆持ち物
カメラ・広角レンズ・実技には三脚・出来れば水準器(カメラか三脚についてると良いです。)



■授業日程

第1回:12月3日(土)13:30〜15:30
建築写真について
現在の建築写真や私自身の仕事を通して、建築写真の基礎知識や、
実際に仕事として撮影する流れなどを把握して頂きます。


第2回:12月10日(土)10:30〜12:30
実 技
フランク・ロイド・ライト設計のヨドコウ迎賓館を撮りに行きます。
一緒に、建築的に魅力的な構図や光を意識して撮影して行きましょう。


第3回:12月17日(土)10:30〜12:30
フォトショップ実技
2日目に撮った画像を建築写真として、より正しく美しくする為の補正を学習して頂きます。


第4回:1月14日(土)10:30〜12:30
実 技
旧西尾邸へ和風住宅建築を撮りに行きます。
日本家屋独特の建築空間を意識して撮りましょう。


第5回:1月21日(土)10:30〜12:30
合 評
西尾邸の建築写真集(今回はデータ上のみ)を作って来て頂きます。
撮影した写真を各自で補正して、厳選したもの皆で合評します。


■受講料

30,000円/全5回








→ 写真表現大学の講座紹介ページへ



◇地図 :阪急逆瀬川駅より徒歩2分
 






写真表現大学は、宝塚・逆瀬川にある写真作家を養成する講座です。
OICP写真学校は、大阪・十三のコマーシャルスタジオで開講されているプロカメラマンを養成する講座です。
近年、特徴が異なるこれら2つの講座が融合したことにより、写真で表現できるすべてをトータルでサポートできる学校に生まれ変わりました。修了生は延べ2,700人。多くの写真家、プロカメラマンを輩出しています。

http://www.iminet.ac.jp/photo/












| 多田ユウコ | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「5 women's eyes」at msc Gallery in 同志社女子大学





 展示のお知らせです。

報告が遅くなりましたが、下記の内容にて写真を展示させて頂いております。
お近くにお立ち寄りの際は是非ご覧下さい。







★「5 women's eyes」at msc Gallery in 同志社女子大学★

写真で表現をしている5人の女性作家たちの作品を紹介する展覧会です。
女性写真家のパイオニアといわれる山沢栄子、
写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛賞を女性として最初に受賞し、
現在も活躍を続ける石内都、山沢栄子に教えをうけたこともある赤崎みま、
そして若手作家として関西を中心に活躍する垣本泰美と多田ユウコの作品を展示致します。
それぞれの全くタイプの違う作品群からその魅力と
作品の後ろにいる作家達の生き様にも目を向けて頂く機会になればと思います。
多くの先人達の人生にはたくさんのヒントが隠されていると思います。

サードギャラリーAya 綾智佳

----------------------------------------------------------------------------------------------------

作品展示

期  間:2011年10月4日(火) ― 10月28(金)

開館時間:9:00 ー 20:00 (ただし26日(水)は17:00まで)

休  館:土・日

場  所: 同志社女子大学 知徳館1階C163
mscギャラリー
最寄り駅=JR「同志社前」駅または近鉄「興戸」駅


出展者

山沢栄子 略歴
1899年大阪生まれ。
当時女性が美術を勉強できた唯一の東京女子美術学校日本画を卒業。
YWCAの紹介をへて、戦前単身貨物船でアメリカに渡り、
カリフォルニア・オブ・ファイン・アーツで油絵を学ぶ。
アルバイト先を女性写真家コンソエロ・カネガのスタジオにした事から、写真に出会う。1929年に帰国。大阪堂島ビルにポートレートスタジオを開設。
アメリカ帰りの写真家として、サントリーの佐治氏や建築家の村野藤吾などが顧客であった。戦争中は長野に疎開。1945年に戦災でスタジオを焼失。
進駐軍の仕事なども行う。
ポートレート写真家として活躍を続けたが、1960年60歳を期にスタジオをしめ、自らの作品製作に集中した。
1994年に初の回顧展を開催。
1995年逝去。2012年山沢栄子の人生を演劇にした「女性写真家・山沢栄子(仮題)」が上演予定。


石内都 略歴
1947年群馬県生まれ、横須賀育ち。
初期三部作「絶唱、横須賀ストーリー」「APARTMENT」「連夜の街」で街の空気、気配、記憶を捉え、同い歳生まれの女性の手と足をクローズアップした「1・9・4・7」以後身体にのこる傷跡シリーズを撮り続ける。
'79年第4回木村伊兵衛賞。'99年第15回東川賞国内作家賞、
第11回写真の会賞、'06年日本写真協会賞作家賞受賞。
'05年「Mother's 2000-2005 未来の刻印」でヴェネチア・ビエンナーレ日本代表。
'09年写真集「ひろしま」(集英社)、写真展「ひろしま Strings of time」(広島市現代美術館)により第50回毎日芸術賞受賞。
第3回国際写真センター・トリエンナーレ(N.Y)招待作家。
「ひろしま」は沖縄、東京、大阪にて個展。
2011年、宮崎、長野、ヴァンクーバーで個展を開催。


赤崎みま 略歴
1965年神戸生まれ。
武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業。
同大学ではファイバーワークを学ぶが、写真によるアブストラクトの表現に取り組んだ山沢栄子と幼いころから親交があったこともあり、自分で被写体となるオブジェを作って、それを構成し、撮影するという作品制作スタイルをとるようになる。
90年ごろは、リング状の被写体を制作し、照明を演出して撮影した写真を大伸しにして発表するようになった。近年、文化庁の新進芸術家海外研修制度で奨学金を得て、プラハに1年滞在し制作を行った。
現在、同志社女子大学の嘱託講師でもある。


垣本泰美 略歴
1976年大阪生まれ。
日本写真映像専門学校卒業後、成安造形大学造形学部デザイン科写真専攻に編入、卒業している。
妹を撮影した「巡り返しの記録」でデビューし、「記憶」「現実と非現実の境界」をキーワードに一貫して少女の不安定な存在感、そこから生まれる特別な力をテーマにしている。上野彦馬賞でグランプリを受賞。
作品は清里フォトアートミュージアム日本写真映像専門学校に収蔵されている。


多田ユウコ 略歴
1974年大阪生まれ。
大阪芸術大学美術学科卒業。
BゼミSchooling Systemのあと、写真表現大学の研究ゼミを修了した。
日本の伝統文化、伝統芸術において独特の感覚である「間」についての表現のあり方をコンセプトに様々な被写体を捉えている。
2007年にはMiO写真奨励賞の10周年記念作品賞を受賞、2008年には上野彦馬賞日本写真芸術学会奨励賞を受賞。
最近は映像作品も制作し、幅を拡げている。





                             (以上、msc GaLLery HPより引用)




| 多田ユウコ | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

PHOTO GRAPHICA (フォト・グラフィカ) 2010年 10月号 [雑誌]
PHOTO GRAPHICA (フォト・グラフィカ) 2010年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

8月20日発売のPHOTO GRAPHICA 10月号に
写真と小話が掲載されました。

特集「次世代写真家の胎動 いま期待の若手作家たち」のP134.135で紹介されています。

★facebook始めました

Yuko Tada

バナーを作成

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

/
大阪 建築写真家